cmsとは、コンテンツ・マネジメント・システムを略した言葉です。コンテンツ・マネジメント・システムそれは、Webサイトを管理または更新できるシステムをいいます。

Webサイトの更新に対しては、テキストや画像の情報だけではなく、HTML(ハイパー テキスト マークアップ ラングエジ)やCSS(カスケーディング スタイル シート)などのかなり専門的な知識も必要なのです。

他のページからのリンクを設定するなどして、それは大変手間がかかる作業なのです。しかし、コンテンツ・マネジメント・システムでは、専門知識が必要であるものに対して、システム側に制御させることで、テキスト・画像などの情報オンリーを入れていけば、簡単にWebサイトを更新することができます。

そこではサイトのナビゲーションや、新着の情報と言ったユーザーにとって必要と思われるリンクの更新は、自動的に行われるメリットがあります。

コンテンツ・マネジメント・システムがない場合、制作会社に依頼するという方法がありますが、それぞれの部門の要望をとりまとめたり、制作会社との金額の調整をしたり、そして制作をしたりとかなり時間がかかってしまうだろう要素が一杯隠されていたりします。

頻繁に更新するページを多く抱えている場合、いざ制作会社に依頼というモチベーションでは、 コンテンツ・マネジメント・システムと比較をすれば、企業はかなりの効率の悪さを感じてしまうことになるのではないでしょうか。更に続けます。