UIはユーザーインターフェイス(User Interface)の略です。
ユーザーインターフェイス(User Interface)は、接点、接触面という意味合いを持ち、ユーザーの目に触れる部分・使用する部分全部をおおかたは、User Interfaceとみなすことが出来、だからUser Interfaceは大事なキーワードとして捉えることが出来ます。

Webサイト制作する場合、パソコンやスマートフォンに表示されるデザイン、フォントなど、そして製品であれば製品そのものであり、外観であり、お客様の視野に存在するもの全部が、User Interfaceであると考えても問題がありません。

User Interfaceが大事なものと分かれば分かる程、User Interfaceはお客様にとって居心地のいい、判りやすいものが追求されていかなければなりません。

UXはユーザーエクスペリエンス(User Experience)の略です
Experienceとは「体験、経験」を意味し、「ユーザーエクスペリエンス」もとても大事なキーワードとして捉えることが出来ます。

サービスの質に関しての部分をExperienceという場合もあります。 サービスを利用しているアクションの中で、お客様が感じたことは、Experienceなのです。

ユーザーにより良い「体験」をしてもらうには、優れたUXとともにUIが必要です。そんな優れたUIをコンテンツマネジメントが提供することが出来ます。