優れたUI

UIはユーザーインターフェイス(User Interface)の略です。
ユーザーインターフェイス(User Interface)は、接点、接触面という意味合いを持ち、ユーザーの目に触れる部分・使用する部分全部をおおかたは、User Interfaceとみなすことが出来、だからUser Interfaceは大事なキーワードとして捉えることが出来ます。

Webサイト制作する場合、パソコンやスマートフォンに表示されるデザイン、フォントなど、そして製品であれば製品そのものであり、外観であり、お客様の視野に存在するもの全部が、User Interfaceであると考えても問題がありません。

User Interfaceが大事なものと分かれば分かる程、User Interfaceはお客様にとって居心地のいい、判りやすいものが追求されていかなければなりません。

UXはユーザーエクスペリエンス(User Experience)の略です
Experienceとは「体験、経験」を意味し、「ユーザーエクスペリエンス」もとても大事なキーワードとして捉えることが出来ます。

サービスの質に関しての部分をExperienceという場合もあります。 サービスを利用しているアクションの中で、お客様が感じたことは、Experienceなのです。

ユーザーにより良い「体験」をしてもらうには、優れたUXとともにUIが必要です。そんな優れたUIをコンテンツマネジメントが提供することが出来ます。

UIを意識したWeb

ハイクオリティーなコンテンツマネジメントを多くの企業などが導入したいと思っている時ではないでしょうか。コンテンツマネジメントは、最近ではECサイトやSNSのサイト構築にも、頻繁に利用されるようになって来ました。

中でも注目はWordPressであり、そこには、わかりやすいUI(ユーザーインターフェイス)とオープンソースがあります。

判りやすいからこそ、膨大なプラグインによって、世界中が繋がっているという感じではないでしょうか。

WordPressも、最近では極々当たり前のキーワードとなろうとしています。WordPressだって、ブログ作成用のCMSとしてスタートして、当初それ程多くの人たち知らない時代も存在していたのです。しかし、現在では、WordPressこそが、世界中に存在している人気web サイトの中で20%のシェアを誇る程に成長することが出来ました。

私達がWebサイトを制作する時に、何を意識しなければならないのでしょうか。もちろん、そのWebサイトを見るお客様のことを考えてWebサイトは制作される必要があります。

ユーザーたちの使い勝手を考慮したWebページのデザインが大切であり、だから私達はUI(ユーザーインターフェース)を意識することになります。

【関連HP】http://www.vibitcms.com
vibit CMS Neoは、CMS導入サイトです。

cmsの導入

cmsとは、コンテンツ・マネジメント・システムを略した言葉です。コンテンツ・マネジメント・システムそれは、Webサイトを管理または更新できるシステムをいいます。

Webサイトの更新に対しては、テキストや画像の情報だけではなく、HTML(ハイパー テキスト マークアップ ラングエジ)やCSS(カスケーディング スタイル シート)などのかなり専門的な知識も必要なのです。

他のページからのリンクを設定するなどして、それは大変手間がかかる作業なのです。しかし、コンテンツ・マネジメント・システムでは、専門知識が必要であるものに対して、システム側に制御させることで、テキスト・画像などの情報オンリーを入れていけば、簡単にWebサイトを更新することができます。

そこではサイトのナビゲーションや、新着の情報と言ったユーザーにとって必要と思われるリンクの更新は、自動的に行われるメリットがあります。

コンテンツ・マネジメント・システムがない場合、制作会社に依頼するという方法がありますが、それぞれの部門の要望をとりまとめたり、制作会社との金額の調整をしたり、そして制作をしたりとかなり時間がかかってしまうだろう要素が一杯隠されていたりします。

頻繁に更新するページを多く抱えている場合、いざ制作会社に依頼というモチベーションでは、 コンテンツ・マネジメント・システムと比較をすれば、企業はかなりの効率の悪さを感じてしまうことになるのではないでしょうか。更に続けます。